キッズケータイ SA800iについて
三洋電機株式会社がDoCoMoから発売する子供向け携帯電話SA800iは幼児誘拐殺人事件が多発する世界に一見、有効に見える。
我々は忘れてはならない。
ブザーが人を守るのではない。
ブザーで呼ばれた人、その人が守るのだ。

というわけで、満を持して発売するSA800iの有効性について検証してみましょう。
誰もいない山中で防犯ブザーが鳴っても、誰も聞いてない、誰も寄って来ない。
位置を知らせても駆け付ける人もいない。
駆け付ける頃には…。
ともすれば位置情報取得失敗の可能性も高いのだ。
位置が分かっても携帯電話の位置が分かるだけ。
誘拐犯行位置が分かるだけなのだ。
誰がブザーを鳴らされた携帯電話を持たせたままにするだろう。
これなら鳴らないで位置が分かる方が役に立つ。
位置が分かれば探すことも出来るのだ。

有効なパターン
・迷子の子供を捜すとき
→イマドコサーチってやつね。
・人がいる場所で痴漢等に襲われたとき
→単なる防犯ブザーと同じだけど。

無効、それどころか、逆に危険な場合。
・防犯ブザーが鳴って、相手がキレる。
・防犯ブザーが鳴って、携帯が捨てられて、せっかくのイマドコサーチが意味がない。

(編集中)
スポンサーサイト
[2005/12/22 00:09] 独り言 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
| ホーム |

Amazonおまかせリンク

Amazonサーチ

ダイエットクラブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あし@